本当に怖かった
まさか、自分が「癌」にかかるなんて思ってなかったよ

怖くて・怖くて、そして、辛くて・辛くて、何回夜中に泣いた事か...です。

夜も眠れず、もしかして..なんて、最悪の事も何度も考えました。

でも、どうして頑張れたかなんて、今思い出すと、良く解らないです

そね....
今、思い出して、その時に、一杯考えた事は、「きちんとした治療を納得できる先生にしてもらおう」だけだったような気がします。

当たり前の事だけど、自分の大切な命を、先生とは言え「他人」に預けるのです。
訳もわからず、治療を受ける事だけは、本当に嫌だった。
本当に頑張った for me
自分の病気が解ってから

何が辛かったというと、去年、左手首と左の鎖骨を骨折して、もの凄く弱っている、高齢のママチャンとの二人暮しのみゆきどん
とても、先生の診察に付き添ってもらう事は出来ませんでした。

だって、ママチャンの方が倒れそうやモン...

でも、「全摘」以外に絶対納得できる治療があるはずだと
自分一人で、「悪い塊」が映ったフィルムを持って、色んな病院に行った。

その度に、家に帰ってから、どんな言葉を聞いたかを、ママチャンに説明する事が、何より辛かったです。
自分で聞いただけで、辛い思いをしているのに、
その言葉を、なるべくショックを与えないように....と説明する、その行程がなにより辛かった。

自分の口から、本当に本当に忌まわしい「癌」という言葉を出さなきゃいけない事が、何より辛かった。

そして、少しでも、ママチャンに心配させないように...と、軽く説明しなきゃいけない自分が本当に哀しかったです。

そして、アレルギー
いつだったか、詳しい事は覚えていないけど、「全摘」と言われてしばらく経った頃、
夜中、とにかく、体中が痒くって仕方が無かったです。

朝、起きてみると、「足の甲」から「ふくらはぎ」に向けて、もの凄い発疹。

そのまましばらくしていると、どんどん上に上がってきて、腰の辺りまでの発疹。

しかも、最初はぶつぶつだったのだけど、時間が経つにつれ、発疹はつながってしまい、全身「大陸」のような蕁麻疹になってしまいました。

最終的には、顔まで蕁麻疹が出てきて、熱もすごくあった

夕方に「皮膚科」に行き、ストレス性の蕁麻疹って事でした。

原因は、「お魚」

みゆきどん、「魚」が大好きなんですが、この日からしばらく食べる事が出来なくなりました。
↑今は、少しずつ食べれるようになってきました(嬉)

でも、あきらめるもんか!!!!
アレルギーが出ようと、とにかく、こんな奴とは早くバイバイしたい

んで、納得できる手術・治療方法と、お願いしたい先生を探す事を決してあきらめませんでした。

そして、今のみゆきどんが居ます。

今、このページを読んでくださっている方..
もしかしたら、同じ病気にかかっているかもしれないですね
それとも、気にはしているけど、今は大丈夫の方も一杯でしょう...ね

本当に・本当に、まずは「検査」が一番大切です。
そして、ネットで「名医」と言われている人が、自分にとって「名医」では決して無いです。

なぜなら、先生を信頼する事が「回復」への近道だったりします。

だから、怖い事だし、聞きにくいかも知れないけど、一杯・一杯質問して、それにきちんと解るように答えてくれる先生だと、安心して任せる事が絶対出来ます。

そして、それが「回復」への早道だったりすると、みゆきどんは確信しています。

まぁ〜、みゆきどん、まだこれから「抗がん剤」や「放射線」とか「ホルモン治療」とか、訳がわからない治療がタンマリ残っていてて、「完治」とは程遠い状態なのですが

最初の手術をうまくクリアできた事に、今のN先生には大変感謝しています。
そして、すべてを任そうと、思っています。

そんな、心の持ち様も、病気とタンマリかかわってきます。
「ポジ」の気持ちを持つ人には「ポジ」の神様...が
「ネガ」の気持ちを捨てる事が出来ない人には「ネガ」の悪魔が舞い降りてきます。

病気なんてものに負けないよう、みゆきどんと一緒に頑張りましょ♪